コラム

ストリングのこと、
考えてます。

  1. HOME
  2. コラム
  3. 新品ラケットへの振動止め無条件装着に「ちょっと待った!」

新品ラケットへの振動止め無条件装着に「ちょっと待った!」

現代ラケットの振動対策は進んでいる。まず「ナシ」で打ってから判断

昨今、プロ選手が「ストリングの振動止め」を装着するのを見て、
「かならず付けなきゃいけない」ものと勘違いしている方がとても多いですが、
あれはプレイするのに「不可欠」な道具ではありません。
むしろプロ選手の間では、「インパクトの感覚がボケる」と、
振動止めを使わないプレイヤーのほうが圧倒的に多いですね。

もちろん愛用するプレイヤーもいますが、振動止めが抑えてくれるのは「あくまで『ストリングの振動』だけ。
インパクトの衝撃を緩和してはくれるものではない」ということを忘れないでください。

「振動はすべて悪いもの」と勘違いする方がいますが、プレイヤーにとって『振動は大切な情報』なのです。
インパクトによる振動は、
ボールがストリング面の「どこに」「どんな角度で」「どのくらいの強さで」当たったかの情報となって、
脳へ伝えられます。
プレイヤーはその情報を元に、次のショットへ向けて対処するのです。

インパクトは、かならずストリングとフレームの両方に振動を発生させます。
フレームの振動は、ストリングの振動とはまったく別のもので、いろんな振動が重なり合って発生します。
Aという振動にBという振動が加わり、きれいな振動波に、細かな振動波を加えてしまう。
それを「雑」と感じます。

Aさんの声だけを聞きたいのに、BさんやCさんが重ねて喋ると、ごちゃごちゃになって、
Aさんの声が小さくなるわけではないのに、聞こえづらくなって、判別できなくなる。
(脳が自動的に総合ボリュームを絞るからです)
このとき、それぞれだけ聞けばきれいに聞こえるはずのBさんやCさんの声は、「雑音」と言われてしまいます。

「振動止め」は、残したい情報のボリュームもひっくるめて抑えてしまうようなものです。
手に伝わる「じつは必要な情報」までも鈍くして、届かなくしてしまう「鈍感器」です。
ある意味で『麻酔』に近いですね。
必要な場合もありますが、検査もしないでいきなり麻酔を投与してはいけません。
必要な感覚まで麻痺してしまいます。

各振動はそれぞれに「情報」を持っていて、
プレイヤーが「どれを知りたいか?」によって、必要か? そうでないか? の割り当てができます。
ラケットならば、「しなり」を伝える振動と「ねじれ」を伝える振動が混ざり合っている中から、
どれを感じたいか? によって、必要・不必要が決まるというわけで、
人間の脳はそれを「経験」から察知することができます。
どんな振動があったときに、どういう結果となったか?を記憶していて、それが積み重なることで、
振動という情報が「打球の結果を見る前に」プレイヤーに把握させてくれるわけです。

ストリングに装着する、いわゆる「振動止め」は、
そうした「必要な情報」までスポイルしてしまうことがあります。
現代のラケットフレームは、さまざまなスタイルで振動対策設計がなされて、
不要な振動を減衰し、繊細な「必要情報」を残してくれるものが多数あります。
それらは、そのまま打ってもイイ……いやそのまま打ったほうがイイでしょう。

フレーム本来のフィーリングを確認せずに、最初っから振動止めを付けるのは、
繊細な味付けをした高級和食に、無条件にマヨネーズをぶっかけて食べるようなもの……。
新しいラケットを手にしたら、まず振動止めなしで打ってみて、どうしても必要と思ったならば、
いろんなタイプの振動止めを、お好みで着けてみることをオススメします。

[筆者:松尾高司(KAI project)]

関連コラム