コラム

ストリングのこと、
考えてます。

  1. HOME
  2. コラム
  3. グリップテープ秘話三部作 〜その3 すすり泣くグリップ

グリップテープ秘話三部作 〜その3 すすり泣くグリップ

グリップ力が低下したテープは、パフォーマンスを低下させる

先に「いつまでも巻き替えないユーザーがいる」ことに触れましたが、
グリップテープの最大のメリットは「交換できる」というところなのに、
「私は汚いグリップを握り続けています!」と宣伝しているかのようなグリップを、
誰しも見たことがあるでしょう。

巻き替えてもらえないグリップテープのすすり泣きが聞こえてくるようです。
可哀想なのは、なんといっても「白いヤツ」。
純白の雪は、たとえ汚れても、いずれ融けて流れてしまいますが、
白いグリップテープは際限なく汚れてゆきます。

視覚的に汚いだけでなく、
グリップテープに吸い込まれた汗には、
いろんな成分が含まれていますから、
そのままにしておくとバクテリアが繁殖して、
物質的な汚れも進行します。
「乾けば問題ない」わけではありませんね。
汗でぐしょぐしょになったシャツを
「乾けば問題ない」といって、また着ますか? 洗うでしょ?

でも、グリップテープは「洗えません」……。
交換するしかないのです。
テニスラケットを新調してストリングを張れば、割り引きがあっても、およそ3万円が消えます。
グリップテープ1本の価格は、「300〜400円」程度。
ラケットの、わずか「1/100」です。

また、テニスボール1個も、だいたいこのくらいの価格で購入できます。
みなさんそれぞれにボールの使い切り方は違うと思いますが、
エアが抜けてペコペコになり、黄色いメルトンが剥げて、黒ずむまで使いますか?

ボールもグリップテープも消耗品です。
プロの試合では、ボールは「9ゲームごとに交換」、
ほぼすべての選手が試合前に全ラケットのグリップテープを新品に巻き替えています。
彼らにとって「消耗→交換」は当たり前のこと。
ベストパフォーマンスを発揮するために、グリップテープは新しくなければダメなのです。
スウィングパワーを手のひらからグリップ→フレーム→ストリング面へロスなく伝えるためには、
わずかなグリップの滑りがパワーロスを招くからです。

そうならないための「グリップテープ」です。
なのに、テープがペタペタに潰れて手のひらとの密着性が完全に消え去り、
しまいには擦り切れて穴が開いてしまっているグリップテープには、もう機能的な役割など微塵もありません。
むしろ邪魔をします……。

ドライタイプのグリップテープは、表面のサラサラ感がなくなったら交換しましょう。
ウェットタイプは、表面のツヤツヤ感がなくなったら交換の第1目安。
本当は、その時点でウェットタイプの性能寿命は尽きています。
それでも使い続けるなら、黒ずみの進行度合いが第2の目安です。

誰もがこの1年で「除菌」という認識を強くしたことでしょう。
きれいな手にはバクテリアだらけのグリップではなく、清潔な真新しいグリップテープが相応しい。
グリップテープは、あなたの生活意識のバロメーターです。

[筆者:松尾高司(KAI project)]

関連コラム